胃カメラ 内視鏡

HOME > 内視鏡

内視鏡

苦痛の少ない内視鏡検査

苦痛の少ない内視鏡検査

当クリニックにおける大腸内視鏡検査は鎮痛剤、鎮静剤を使用するので、苦痛がきわめて少ないのが特徴です。当クリニックの統計で、95%以上の方が、苦痛がないか、もしくは多少圧迫感がある程度と答えています。
ただし、全身麻酔ではないので、高度癒着、過長結腸のために挿入が困難な方では稀に痛みが出ることがあります。薬を使う関係上、検査終了後1時間ほどお休みいただきます。
数や大きさにもよりますが、基本的に日帰りでのポリープ切除を行っています。

治療時間、結果説明など

内視鏡検査は心拍数や酸素濃度をモニターしながらおこない、10分ほどで終ります。場合によっては、組織を採取することがあります。その場合は、その日1日運動と飲酒を避けていただきます。

●結果説明
終了後、鎮静剤を使用した場合は1時間ほどお休みいただき、目が覚めてから撮影したDVDを見ながら結果について説明します。組織を採取した場合、ポリープを切除した場合は10日後に再度結果説明をおこないます。

●注意点(重要)

1.外来受診時に服用中のお薬を必ずお見せ下さい。
血液をサラサラにするバファリン、アスピリン、ワーファリン、パナルジンなどの薬を服用中の方は、組織採取やポリープ切除が困難になります。

2.検査後運転や重要な判断を要することは避けていただきます。

3.薬剤の服用等の疑問点は遠慮せずにおしゃって下さい。

●内視鏡スコープの洗浄について
使用したスコープは、1例ごとに最新式の洗浄器で洗浄します。

麻酔について

鎮痛剤、鎮静剤を注射して検査する方法(のどの局所麻酔はおこないません)
楽に検査を受けたい方は、この方法が良いと思います。検査終了後1時間ほどベット上でお休みいただきます。
のどの局所麻酔のみの方法(鎮静剤、鎮痛剤は使用しません)
終了後すぐに帰宅したい方にお薦めです。
世間一般的に行われている方法ですが、のどの反射の強い方には不向きです。

体に優しい二酸化炭素送気装置

二酸化炭素送気装置

さたけクリニックでは、一部の専門病院でしか導入されていない二酸化炭素送気装置を使用しています。

検査で腸内に残された空気は、ほとんどが、「おなら」として肛門から出る以外にありません。しかし、その空気を「二酸化炭素」にすることによって、腸の壁から素早く吸収され、吐いた息によって、外に排出されます。
実に、その排出の早さは、空気の1000倍以上とも言われております。ですから、検査中も常に吸収されていくので、検査中も検査後も空気の場合と比較して、とても楽という結果になります。

もちろん、この装置を使ったからといって、患者さんの負担が増える事はありません。より楽な検査を提供することによって、それにより発生する出費も増えず、検査自体も、検査後も苦痛の少ない安全な検査を提供いたします。

●二酸化炭素送気装置の効果

下の2枚のレントゲン写真はどちらも検査後の写真です。

通常の空気を入れて検査をした場合

通常の空気を入れて検査をした場合

これは通常の空気を入れた大腸検査直後の腹部レントゲン写真です。
黒く見えるのは大腸と小腸に入った空気です。
お腹が空気でふくらんでいることが、わかります。

二酸化炭素を入れて検査をした場合

二酸化炭素を入れて検査をした場合

これは二酸化炭素を入れた大腸検査直後の腹部レントゲン写真です。
すでに大腸内の二酸化炭素はほぼ吸収され黒い部分がほとんどありません。

※国立がんセンター中央病院 内視鏡部
『消化器内視鏡検査における炭酸ガスの安全性』からの引用です。

NBI機能搭載の細径内視鏡

内視鏡システム

さたけクリニックでは、最新鋭のオリンパス社製のNBI(狭帯域光観察)機能を搭載したハイビジョン対応の内視鏡を使用しています。

テレビ放送に例えると従来の内視鏡検査がアナログ放送とすればさたけクリニックの内視鏡はハイビジョンデジタル放送にあたり、さらに精密で微小な早期癌の発見に有用です。

内視鏡システム

先端部外径5.4mmと高画質を両立した挿入性に優れた経口・経鼻挿入対応極細径スコープと鎮静剤を使うことによって今まで以上に苦痛の少ない内視鏡を実現しました。

一番左が、極細径内視鏡
中央と右が、従来の普通の内視鏡

●NBIって何?

NBIとはNarrow Band Imaging(狭帯域光観察)の略称をいい、
特殊な光を使って粘膜表面を観察する、内視鏡の新しい技術です。

がんの早期発見(特に食道がん)につながる技術として、世界中の医療現場での貢献が期待されています。

通常光での観察

通常光での観察

NBIによる観察

NBIによる観察

ピロリ菌検査

●ピロリ菌とは?

ピロリ菌

ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせんの形をした細菌です。
ピロリ菌が原因で胃がんや胃炎や胃潰霧などの胃の病気に深くかかわっていることが明らかにされてきました。

●ピロリ菌はどんな病気を起こすのですか?

ピロリ菌に感染すると胃に炎症を起こすことが確認されていますが、ほとんどの人は症状を自覚しません。
ピロリ菌の感染による炎症が続くと、感染部位が広がってヘリコバクター・ピロリ感染胃炎になります。
長い期間炎症が続くと、胃粘膜の胃酸などを分泌する組織が消失した状態(萎縮性胃炎)になります。
さらに進むと、胃粘膜は腸の粘膜のようになります。
その後、一部の患者さんでは、胃がんになることも報告されています。
胃潰傷、十二指腸潰瘍の患者さんは、ピロリ菌に感染していることが多く、潰瘍の発症ならびに再発に関係していることがわかっています。

●ピロリ菌をチェックするためにはどんな検査を受けたらいいの?

一般的には内視鏡(胃カメラ)を用いた検査と用いない検査に分けられます。
健康保険でピロリ菌の有無の検査を行う場合には、必ず(胃カメラ)を受けて、保険の適応となる病気と診断されなければなりません。健康保険で治療する場合も胃カメラ検査が必須です。

●ピロリ菌に感染している人は、除菌した方がいいのですか?

日本人のピロリ菌感染者の数は約3,500万人といわれています。
日本ヘリコバクター学会のガイドラインでは、ピロリ菌に関連する疾患の治療および予防のため、ピロリ菌感染者のすべてに除菌療法を受けることが強く勧められています。
ほとんどのピロリ菌感染者は、症状もなく、健康に暮らしています。

●除菌療法の成功率はどれくらいですか?

お薬を服用すれば、1回目の除菌療法の成功率は約70%といわれています。
1回目の除菌療法でピロリ菌が除菌できなかった場合は、再び除菌療法を行います。
この方法で行うと2回目の除菌療法は約80%を超える確率で成功します。
1回目と2回目の除菌療法を合わせた除菌率は約97%を超えます。

予約の仕方

一度来院していただき、診察後予約をお取りします。
診察では全身状態のチェックのための問診、採血、などをおこないます。
最近受けられた健康診断や血液検査の結果などがございましたら一緒にお持ち下さい。
(採血をおこなうのは、肝炎などの感染症のチェックと麻酔で使う薬剤量を決定するためです。)

料金

大腸内視鏡
費用(3割負担の場合)
大腸内視鏡検査・手術
大腸内視鏡(観察のみ) \6,000前後
大腸内視鏡+病理組織検査有 3割負担 \10,000前後
大腸内視鏡ポリープ手術 \20,000前後
事前検査分(血液検査ほか)などは含まれておりません。


胃カメラ
費用(3割負担の場合)
胃カメラ(観察のみ) \5,000前後
胃カメラ+病理組織検査有+投薬 \9,000前後
事前検査分(血液検査ほか)などは含まれておりません。